HuwaHuwa

UIUXデザイナー 松木順子

WIMAX(Speed Wi-Fi NEXT W05)をTimeCapsuleに接続する

約 3 分

私事ですが引っ越しました。
引越し先に光が入っていないため(ジャックはあるんだよな。。ほんとにないのかな。。)WIMAXに乗り換えました。
データのバックアップをTimeCapsuleで取っていたため、設定を変更しました。
以下、覚書き。


LANケーブルで接続しないとTimeCapsuleのランプが赤くピコピコします。
いままで青かったのに。
さらにAirMacユーティリティを開いても認識されません。
なんてこった。TimeCapsuleくんよどこへ。

クレードルとLANケーブルを用意する

TimeCapsuleをWIMAXに繋げるために、別売りのクレードルが必要です。(クレードルにLANジャックがついているのだ)
ここで注意なのが、クレードルは同じように見えて実は対応機種がこまこま分かれています。
自分が持っているWIMAXの型番やバージョン、そしてキャリア(au、UQなど)を確認しましょう。
私の場合はauのSpeed Wi-Fi NEXT W05なので、au エーユーHWD36 [W05クレードル]を購入しました。
余談ですが、接続に使う LANケーブルは、30cmの短いものがおすすめです。めっさすっきりします。

クレードルとTimeCapsuleをLANケーブルで繋げる

まんまですが、クレードルとTimeCapsuleをLANケーブルで繋げます。
これでmacがTimeCapsuleを認識してくれます。

AirMacユーティリティでブリッジ設定する

home/ユーティリティ/
へディレクトリ移動してAirMacユーティリティを見つけたらダブルクリックで起動します。
出た!でたよ!認識されています。
おかえりTimeCapsuleくん!
さっそくブリッジ設定を行います。AirMacユーティリティの設定手順は以下のとおり。

1 インターネットの接続方法を[ DHCP ]に変更

2 ネットワークのルーターモードを [切(ブリッジモード)] に変更

以上です。たったこれだけ。
最後に[アップデート]ボタンを押して完了です。
さぁ確認してみましょうー!

無事青色に変わりました!
バックアップを試してみて問題無し!
ネットも飛んだー!

以上、WIMAXとTimeCapsuleのつなぎ方でした。
電源入れていないと使えないっていうデメリットはありますが、まぁ速さを求めなければ充分かなと。
ディスプレイにスリープモードは欲しいところ。明るすぎるZe…(暗がり大好き)

投稿者

フリーランスデザイナー & イラストレーター松木 順子
フリーランスのウェブデザイナーです。イラスト、ワードプレスサイト制作、UIUX設計などをやっております。 基本的には納豆とRockと酒があれば幸せです。餡子があればスキップします。
Follow :

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookへコメントする