HuwaHuwa

UIUXデザイナー 松木順子

spotlightで検索したファイルをfinderで開く

約 2 分

spotlightはとっても便利です。

「あれどこだっけなー?!」

という時にうろ覚えのファイル名を打ち込むだけで
颯爽とnac内を検索してくれます。
しかし、こんな事ないですか。

「あったーー!!!」

と喜んでクリック。

「おお?!??」

プレビュー表示。
大体の場合、ファイルってプレビューじゃなくて
何らかのアプリで開きたいですよね。
なぜなんだspotlight。探して発表するだけか。納品して終わりか。意地悪なのか。
アップルがどういう意図でこんな仕様にしたかは分かりませんが、
少なくとも私にはことごとく不便。
不便きわまりない。
finderで空けてくれ!!!
そう叫ぶ人のためにお知らせしましょう。

「それ、できるぜ!!」

[themeone_header type=”h2″ txtalign=”txt-left” subtitle=”” txtcolor=”” decor=”” decorcolor=”” decorheight=”2px”]
方法
[/themeone_header]

検索結果の該当ファイルをクリック。
ファイル名が青くなったところにカーソルを合わせた状態で
command + return
または
command + r
をタイプ。
以上。
これで検索したファイルがfinderで開きます。
ちょっとした小技でした。
こういうのって、地味に知ってるとたすかりますよねー。

投稿者

フリーランスデザイナー & イラストレーター松木 順子
フリーランスのウェブデザイナーです。イラスト、ワードプレスサイト制作、UIUX設計などをやっております。 基本的には納豆とRockと酒があれば幸せです。餡子があればスキップします。
Follow :

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookへコメントする